TAX

配偶者控除と配偶者特別控除違いと判断を税理士が解説

Pocket

配偶者控除と配偶者特別控除の違い

配偶者控除と配偶者特別控除の違いは

所得控除としての控除金額の違いです。

 

配偶者控除の控除金額は

最高額が38万円になっており

納税者(配偶者控除の適用受ける人)の

所得によって逓減していきます。

 

配偶者特別控除は

最高額が38万円になっており

納税者と配偶者の所得制限により逓減していきます。

 

実務上、配偶者控除と配偶者特別控除の

適用関係のフローチャートは次のようになります。

 

①配偶者控除が適用できるか

②①が適用できない→配偶者特別控除へ

といった流れになります。

 

配偶者控除の金額を決めるフローチャートは

次のようになります。

①控除対象配偶者となるか(後述します。)

②配偶者の合計所得金額が48万円以下であること

③納税者の合計所得金額を確認します。

④③により配偶者控除の金額が決まります。

 

配偶者特別控除の金額を決めるフローチャートは

次のようになります。

①控除対象配偶者となるか(後述します。)

②納税者と配偶者の合計所得金額を確認します。

③②により配偶者特別控除の金額が決まります。

 

 

配偶者控除と配偶者特別控除の適用判断とは?

配偶者控除となる判断

配偶者控除の対象となる人を

控除対象配偶者と言います。

 

控除対象配偶者になるには次の要件があります。

①判断時期:その年の12月31日

②民法の規定による配偶者であること
→婚姻届けを出して夫婦となっていることです。
内縁関係は配偶者になりません。

③納税者と生計を一にしていること

④配偶者の年間の合計所得金額が48万円以下
→給与のみの収入だと総支給額が103万円以下

⑤青色事業専従者や白色事業専従者でないこと
→納税者が個人事業主の場合には注意です。

 

配偶者控除の金額は次のとおり

納税者の合計所得金額 控除額
一般控除対象配偶者 老人控除対象配偶者
900万円以下 38万円 48万円
900万円超950万円以下 26万円 32万円
950万円超1,000万円以下 13万円 16万円

老人控除対象配偶者とは控除対象配偶者のうち

その年12月31日時点で70歳以上の人です。

 

上記でわかるように納税者の合計所得金額が

1,000万円超になると配偶者控除の適用はないです。

 

因みに、配偶者特別控除についても

納税者の合計所得金額が1,000万円超だと

適用がなくなります。

 

 

配偶者特別控除となる判断

納税者の要件として

納税者の合計所得金額が1,000万円以下

というのが前提にあります。

 

さらに配偶者は次のすべての要件が必要です。

(1)民法の規定による配偶者であること

(2)納税者と生計を一にしていること

(3)青色事業専従者又は白色事業専従者でないこと

(4)年間の合計所得金額が48万円超133万円以下であること

(5)配偶者が配偶者控除を適用していないこと
→これは、夫婦でお互いに配偶者特別控除を適用できない
ということを明確にしています。

(6)配偶者が、給与所得者の扶養控除等申告書又は
従たる給与についての扶養控除等申告に記載された
源泉控除対象配偶者がある居住者として源泉徴収
されていないこと
→こちらは源泉控除対象配偶者になっていない
ということを明確にしていることです。

(7)配偶者が、公的年金等の受給者の扶養控除等申告に
記載された源泉控除対象配偶者がある居住者として
源泉徴収されていないこと
→こちらも源泉控除対象配偶者になっていない
ということを明確にしていることです。

 

配偶者特別控除の控除金額は次のようになります。

配偶者の合計所得金額(下の金額) 納税者の合計所得金額
900万円以下 900万円超
950万円以下
950万円超
1,000万円以下
48万円超95万円以下 38万円 26万円 13万円
95万円超100万円以下 36万円 24万円 12万円
100万円超105万円以下 31万円 21万円 11万円
105万円超110万円以下 26万円 18万円 9万円
110万円超115万円以下 21万円 14万円 7万円
115万円超120万円以下 16万円 11万円 6万円
120万円超125万円以下 11万円 8万円 4万円
125万円超130万円以下 6万円 4万円 2万円
130万円超133万円以下 3万円 2万円 1万円

以上のように配偶者控除の金額を

決める場合には納税者と配偶者それぞれの

合計所得金額を確認する必要があります。

 

 

 

公式ブログはこちら(平日毎日更新中)

 

この記事は、この記事を作成してる時点の法令に基づき

書かれています。法令に改正があった場合には、現在の

取り扱いとは違った取り扱いになる可能性があります。