資金繰り支援サービス

Pocket

資金繰り支援サービス 令和2年6月改定

会社にとって必要な資金繰りについて支援を行います。

 

 

資金調達支援

資金調達支援は以下のサービスを行ってまいります。

 

・金融機関からの資金調達についてのアドバイス

・事業計画書作成支援とアドバイス

 

上記はそれぞれ単発の業務となります。

コスト負担が気になる、単発で依頼したいといった

ご要望に応えるための支援業務となります。

 

 

金融機関からの資金調達に関するアドバイス

現在の事業主の方のご状況を確認してより適切な

融資制度をアドバイスすることになります。

 

具体的には融資に関する契約書を確認して

より有利な契約について検討を行います。

 

料金(成功報酬) 融資成功金額×2%(税別)

 

 

 

事業計画書作成支援とアドバイス

融資制度を適用するに当たって事業計画書が必要となる場合

事業計画書の作成を行うと共にその作成に当たって

事業内容、現実可能性などをヒアリングする支援となります。

 

事業計画書は単なる数字を埋め合わせて

辻褄合わせの計画では意味がありません。

 

創業融資、区市町村からの認定を受ける融資など

融資ごとに合わせた事業計画書を作成する必要があります。

 

事業にあった計画書を作成することで

事業計画の信用性を高めていくことになります。

 

基本料金(前払) 80,000円(税別)
事業計画書の内容 貸借対照表、損益計算書、収支計算書

 

決算分析及び財務アドバイス支援

決算分析及び財務アドバイス支援とは

以下のサービスとなります。

 

・決算分析診断報告書の作成とその説明

・事業の資金繰りの分析

を行ってまいります。

 

決算分析診断報告書

こちらは事業の財務診断を行います。

財務診断とは金融機関における事業の格付け診断です。

 

自社が金融機関からどのように見られているのか

ということを分析を通じてご説明いたします。

 

具体的には自己資本比率、債務償還年数などを基に

金融機関の格付けを解説すると共に決算の分析を行い

より有利な融資制度を受けることができるように

事業をどうすれば良いのかを数字で確認することができます。

 

料金 100,000円(税別)

 

 

 

事業の資金繰りの分析

個人、法人問わず、中小零細事業においては

黒字なのにお金が溜まらないといったことが起こります。

 

黒字なのになぜお金が溜まらないのかを分析して

運転資金がうまく回り、事業がより発展するための

資金繰りの支援を行います。

 

具体的に数字で短期的な資金不足が確認して

どのような借入を行えばお金が溜まるのかを

確認することができます。

 

料金 100,000円(税別)

 

 

継続的な資金繰り支援

継続的な資金繰りとは上記のスポット業務を

一式でご依頼することができるサービスです。

 

こちらのサービスをご依頼の方は

予実管理のアドバイスを含めて毎月面談を行い

事業の運営を確認することができます。

 

こちらの支援業務のゴールは専用当座貸越契約の獲得です。

専用当座貸越とは短期的に必要な資金を専用口座から

借入をその都度できる制度です。

 

つまり、運転資金で必要なときに、必要な金額だけ

借りることができる専用の当座勘定となります。

 

長期の融資を行って、毎月返済するといったことがなく

あるとき払いの催促なしという融資です。

 

具体的には次のようなサービスとなります。

①決算分析診断報告書の作成と説明

②事業の資金繰り分析

③金融機関からの資金調達アドバイス

④事業主が金融機関と粉う面談への同行

 

毎月料金 50,000円(税別)