スポンサーリンク
TAX

個人の確定申告で電子申告の始め方を解説

個人の確定申告では、大きく分けて 紙で税務署に行って提出する方法 電子申告といってネットを利用して 提出する方法があります。 現行の電子申告パターン 電子申告のパターン 現在電子申告できるパターンは マ...
消費税

消費税の増税と軽減税率の実務処理とは?

消費税の増税と軽減税率の実務処理とは? この記事では、2019年10月1日以降に適用された 消費税の経理処理を解説します。 具体的には2つに分けて解説いたします。 ①増税後の経理処理の注意ポイント ...
所得税

仮想通貨で給料の支給を受けた場合の課税関係【所得税】

仮想通貨で給料の支給を受けた場合の課税関係 労働協約で別段の定めを設けて、 給料の一部を支給を受けた場合には、 どうなるのでしょうか? 今回は、仮想通貨で給料の支給を受けた場合の 所得税について解説していき...
法人税

【その経費は事業で使いましたか?】会議費からみる事業性について

その経費は事業で使いましたか? 始めから、結論を申し上げます。 個人で使ったものではないか? ということを疑われています。 領収書の宛名に会社の名前があるから 事業で使っているということではありません。 ...
消費税

【消費税の増税と軽減税率】軽減税率の対象は一体何なのか?税理士が解説!

消費税の増税と軽減税率 消費税の増税について 消費税の増税は、2019年10月1日からとなります。 消費税を構成する内訳は次のようになります。 現行 軽減税率 標準税率 合計 8% 8%...
所得税

【年末調整はもう聞けない】年末調整について税理士が解説!2018年度版

年末調整の概要 年末調整とは、給料だけを取り出して疑似的に 確定申告をする手続きです。 いわゆる勤務をしているひとが確定申告をしなくても 良いようにするための手続きです。 確定申告するためには、給料...
所得税

【平成30年年末調整資料の書式が変更】最大3枚の用紙を書くことになる!

平成30年の年末調整の用紙が変更 平成30年の年末調整では、次の3つの資料となります。 ・平成31年(2019年)分給与所得者の不控除等(異動)申告書 ・平成30年分給与所得者の保険料控除申告書 ...
消費税

【消費税の申告・納税は支店でできるのか?】消費税の申告と納付について税理士が解説!

消費税の申告・納付 消費税の申告と納付は、事業者単位課税です。 従って、会社が本店と支店といった形態でも 本店が一括して会社全部の消費税の申告納付を 行うことになります。 唯一、支店単位で納付が可能なのは、...
法人税

【収益認識による会計基準を会計と法人税から解説】会計基準、法人税、消費税の側面から具体例を見てみる!

収益認識による取り扱いについて概要 国際会計基準では2018年1月1日から強制適用となる 収益認識による会計基準については、 連結財務諸表を作るような上場会社が 対象となっています。 中小企業(監査対象法人...
地方税

【住民税が予想と違ったなぜ】個人住民税の考え方は所得税とは異なります。税理士が解説!

所得税と住民税は違うの? 個人では、大きく分けて所得税と住民税の2種類が 存在することとなります。 ちなみに、この2つがそれぞれ違うという認識は 皆さんはお持ちでしょうか? 所得税は国税で、国の税金です。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました