TAX

Suicaチャージで経費とSuicaでの経費支払、経費を二重にしないためには?

Pocket

Suicaチャージで経費にできる?

Suicaチャージで経費にできるかというと、できます。

Suicaチャージで経費になる場合には旅費交通費という

勘定科目で処理することが一般的です。

 

この時にSuicaは公共交通機関の移動に使うことが

前提となりますので、旅費交通費になります。

 

ただ、Suicaは支払手段として個人的なものを購入することも

できることになります。

 

ですからSuicaの利用明細を取得して

それをSuicaチャージの領収書と一緒にして

経費精算を行うことが税務調査のリスク回避になります。

 

 

Suicaでの経費精算と二重経費となるポイント

Suicaチャージではキャッシュレス決済ができ

ちょっとした買い物に非常に便利です。

 

この買い物が事業用であれば問題なく経費ですから

経費精算を行うことができます。

 

このときに、ちょっと考えたいのが

①Suicaチャージの領収書で経費精算
②Suicaでキャッシュレス決済で物品購入

上記①と②が両方とも同じSuicaですと

二重で経費計上してしまったことになります。

 

逆に、別々のSuicaであれば二重経費になりません。

そうなると、Suicaが何枚あるのか?という問題になりますね。

 

そうしてどのSuicaがチャージでの経費精算で

どのSuicaで物品を購入したのか?

このような問題となります。

 

現実としては、次のどちらかの経費精算を選択する

ということになろうかと思います。

 

1.Suicaチャージの時の領収書で経費精算するだけ

2.Suicaで使ったときの領収書で経費精算するだけ

ということです。

 

要するに、税務調査の場面でSuicaが問題になるとしたら

Suicaを色々な方法で使ってしまって、二重経費を疑われる

といったことです。

 

 

公式ブログはこちら(平日毎日更新中)

 

この記事は、この記事を作成してる時点の法令に基づき

書かれています。法令に改正があった場合には、現在の

取り扱いとは違った取り扱いになる可能性があります。