資金繰り

資金繰りは何から始めるのか?

Pocket

銀行ごとに融資を整理する

資金繰りでは融資を受けている

銀行ごとに整理します。

 

どの銀行にいくら借りていて

月の返済額は元本がいくら

利息がいくらと確認します。

 

銀行ごとに整理する理由は

毎月の返済額を確認したいからです。

 

資金繰りは収支計算をしていくので

損益計算だけでは情報が足りません。

 

毎月いくらのお金が必要なのかを

確認作業のはじめの一歩が銀行の整理です。

 

 

 

お金が余る事業になっているかを確認する

お金が余る事業になっているかを

確認します。

 

中小企業の場合、黒字であっても

お金が余らない、資金繰りが楽にならない

といった常態になっていることがあります。

 

次のようにお金が余るかどうかを

確認してみるとよいです。

 

損益計算書の税引後当期純損益金額+減価償却費ー年間の融資の返済額

上記がマイナスになっている場合には

黒字であってもお金は余りません。

 

逆に銀行に返済するために

事業をやっているような常態です。

 

お金が余るかどうかの確認で

事業の計画を修正する必要があります。

 

 

 

公式ブログはこちら(平日毎日更新中)

 

この記事は、この記事を作成してる時点の法令に基づき

書かれています。法令に改正があった場合には、現在の

取り扱いとは違った取り扱いになる可能性があります。

 

また、当記事についてのご質問はお受けしておりません。

個別的なご質問は以下の

個人相談スポット業務

からご依頼頂けると幸いです。