身近な法務

中小企業における退職金制度導入について税理士が解説

Pocket

中小企業が退職金の導入をためらう理由

中小企業では退職金制度を設けていない

という場合があります。

 

退職金制度の導入をためらう理由は

退職金を支払う財務能力が乏しいからです。

 

退職金は実質的に過去の勤務により

発生する労働への功労金になります。

 

したがって一時金として支給する

というのが退職金の原則となります。

 

では一時金で退職金を支給することが

中小企業にとって可能かどうか

ということが問題になります。

 

一時金で支払うことで会社の財政に

影響が出てくるので退職金の導入をためらう

ということになります。

 

 

中退共を使うメリットとは?

上記のように退職金の導入をためらう

中小企業のために中退共があります。

 

中退共とは

独立行政法人勤労者退職金共済機構が

運営している退職金制度です。

 

月々で一定の退職金の財源となる

金額を支払うことで従業員の退職金に

備える制度です。

 

掛金は5,000円から3万円になっていて

掛金は全額、税法上で経費になります。

 

掛金については申し込み後に増額する

ということが可能となっています。

 

18,000円以下の増額をした場合には

増額月から1年間、国から1/3の助成があります。

 

 

 

公式ブログはこちら(平日毎日更新中)

 

この記事は、この記事を作成してる時点の法令に基づき

書かれています。法令に改正があった場合には、現在の

取り扱いとは違った取り扱いになる可能性があります。