スポンサーリンク

【会社の申告書ってなにかわからない】税理士が申告書提出と提出がもれるとまずい書類を解説!

スポンサーリンク
法人税
スポンサーリンク

スポンサーリンク

会社の申告書について

会社は、法人税法という法律が適用されます。

この法律を見ながら申告書を作っていくことは

かなり大変なので、ちょっと解説しようと思います。

 

一般的には、次の申告書を使います。

☆国税

別表1とその次葉
別表2(同族会社の判定)
別表4(法人税の対象金額の計算)
別表5(1)(法人税の貸借対照表みたいなもの)
別表5(2)(税金の内訳表)
別表7(赤字の場合)
別表11(1の2)(貸倒引当金設定する場合)
別表15(交際費がある場合)
別表16(1)(2)(7)(8)(固定資産の明細関係)
適用額明細書

☆地方税

第六号様式(地方税の確定申告書)
第六号様式別表四の三
(均等割りに関する明細書)(東京23区の場合)
第六号様式別表五
第六行様式別表九(赤字の場合)
第二十号様式(東京23区以外)

上記の申告書を作成しないといけません。

手書きで行うことは、ちょっと現実的では

ありませんので、申告作成ソフトを使うことを

お勧めいたします。

 

申告書に添付しなければならない資料

さて、申告書自体は、上記のものがあれば

一般的には大丈夫です。

しかし、申告書の基礎資料として提出する

資料があります。

 

☆会計に関するもの

貸借対照表、損益計算書、販売費及び一般管理費の明細書
株主資本等変動計算書、個別注記表

☆会計に付随する資料

勘定科目内訳書で以下のものが想定されます。

・預貯金等の内訳書
・売掛金(未収入金)の内訳書
・棚卸資産の内訳書
・買掛金(未払金・未払費)の内訳書
・仮受金(前受金・預り金)の内訳書
・借入金及び支払利息の内訳書
・役員報酬手当及び人件費の内訳書
・地代家賃等の内訳書
・雑益、雑損失等の内訳書

上記以外に、法人事業概況書の作成も必要です。

 

最後に提出が漏れるとどうなるか?

通常は、税務署から電話がかかってきて、

出してください。と提出の勧奨が行われます。

最近は、勧奨さえもされないことが多いです。

 

放っておいて、税務調査時に出しくれませんか?

ということを言わることになります。

 

税務調査は、申告書がきちんと作成されているか

という確認するために行われますので、

資料の提出不備は、税務調査の理由を税務署に

与える一因となる可能性がありますので、

普通に作成して提出することをお勧めします。

 

 

 

公式twitterはこちら(フォロー待ってます!)

公式ブログはこちら(毎日更新中)

 

この記事は、この記事を作成してる時点の法令に基づき

書かれています。法令に改正があった場合には、現在の

取り扱いとは違った取り扱いになる可能性があります。

法人税
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SaitoYukioをフォローする
スポンサーリンク
新宿区のLiens税理士事務所
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。