スポンサーリンク




生命保険料控除で損をしないための契約の方法

スポンサーリンク
TAX
スポンサーリンク

生命保険料控除とは?

生命保険料控除とは、

生命保険に加入した保険料のうち、

一定の金額ごとに一定額を所得から

控除する制度になります。

 

勘違いしてほしくないのは、

所得控除という制度です。

所得控除=税額控除ではありません。

 

所得税の対象となる金額から控除する

ということが所得控除になります。

ですので、所得控除の税効果額を

調べるには以下の様に計算することになります。

 

例:所得税の年額:30万円、総支給額400万円
生命保険料控除10万円

10万円×30万円/400万円=7,500円

ということになります。

 

 

現行の生命保険料控除の概要

旧生命保険契約の場合

契約最大の控除額
生命保険5万円
個人年金保険5万円
合計10万円

 

新生命保険契約の場合

契約最大の控除額
生命保険4万円
介護保険4万円
個人年金保険4万円
合計12万円

 

旧と新の見分け方法は、

生命保険会社から送付されてくる年末調整や確定申告用の

生命保険料控除証明書に「旧」「新」の

記載がありますので、確認してみてください。

 

(所得税法施行令208条の3~8、209条~212条)

 

 

ワンポイントアドバイス!

上記をご覧になった通り、

旧契約は2つに分けているかどうか、

新契約は3つに分けているかどうか

が重要となってきます。

 

実務上、よく見るのが、生命保険だけ

20万円以上の多額の保険料を支払っている場合です。

 

生命保険料控除は以下の様な計算になっています。

旧生命保険契約

支払保険料控除の計算方法
25,000円以下支払保険料の全額
25,001円~50,000円まで支払保険料×50%+12,500円
50,001円~100,000円まで支払った保険料×25%+25,000円
100,000円以上一律で50,000円

 

新生命保険契約

支払保険料控除の計算方法
20,000円以下支払保険料の全額
20,001円~40,000円まで支払保険料×50%+10,000円
40,001円~80,000円支払保険料×25%+20,000円
80,000円以上一律に40,000円

 

この様に支払保険料によって差異があります。

現在、新たに生命保険等に加入すると、

新生命保険契約になるので、80,000円以上

支払っているかどうかを確認して、

本当に保険が必要なのかを

考えてみるいい機会になると思います。

 

(所得税法76条)

 

この記事は、この記事を作成してる時点の法令に基づき

書かれています。法令に改正があった場合には、現在の

取り扱いとは違った取り扱いになる可能性があります。

TAX所得税
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SaitoYukioをフォローする
スポンサーリンク
新宿区のLiens税理士事務所
タイトルとURLをコピーしました