建設業向け

知らないと損する建設業の個人事業主は投資で節税できる

Pocket

投資で節税できるとは?

建設業の個人事業主が知らないと

損する投資をして節税できるものとは

iDeCoです。

 

iDeCoとは確定拠出年金と言います。

 

あなたが投資する金融商品を選択して

投資を行い、将来に備えて積み立てる

制度になります。

 

投資をすることで節税になる理由は

iDeCoへお金を支払うことが

所得税の「小規模企業共済等掛金控除」

という所得控除になるためです。

 

所得控除は事業所得とは別の

経費みたいな控除です。

 

配偶者控除や扶養控除と同じ

ような適用で事業所得から

控除できます。

 

 

iDeCoで上限ではいくら節税可能か?

建設業の個人事業主はiDeCoへ

月額6.8万円を支払うことが可能です。

年間だと81.6万円になります。

 

小規模企業共済等掛金控除は

全額所得控除になり所得税と住民税

それぞれで適用されます。

 

例えば

所得税率が23%

住民税率が10%としたら

81.6万円×33%=約27万円節税できます。

 

iDeCoで発生した運用益は全額非課税で

再投資されることになります。

 

通常の運用益は所得税と住民税

併せて20.315%がかからないのです。

 

無理に必要経費を増やすよりも

iDeCoを行ったほうがよいことになります。

 

 

公式ブログはこちら(平日毎日更新中)

 

この記事は、この記事を作成してる時点の法令に基づき

書かれています。法令に改正があった場合には、現在の

取り扱いとは違った取り扱いになる可能性があります。

 

また、当記事についてのご質問はお受けしておりません。

個別的なご質問は以下の

個人相談スポット業務

からご依頼頂けると幸いです。