会社・事業

決算書から読み解く自社の事業で利益を出す方法

Pocket

決算書の何を見れば利益がわかるのか?

決算書の構成は次のものです。

①貸借対照表

②損益計算書

③株主資本等変動計算書

④個別注記表

 

利益がわかる書類は

損益計算書になります。

 

損益計算書は会社の業績を表す

書類です。

 

トップに売上高から始まって

各階層ごとに経費と利益が表示されて

いると思います。

 

 

自社で利益を出す方法を考える

自社で利益を出す方法を

損益計算書から考えていきます。

 

事業における収入とは売上高だけです。

売上高を使って原価や販売費及び一般管理費

を賄っている構造になっています。

 

一般論として営業利益になって初めて

黒字になったと考えます。

 

言い換えると売上高が

原価と販売費及び一般管理費の合計額を

超えていることになります。

 

利益を出す方法のヒントとしては

営業利益が絶対に出る売上高は

いくらなのかということです。

 

例えば、原価が売上高の75%で

販売費及び一般管理費は毎年2,000万円

かかっているとします。

 

そうすると売上高ー原価で粗利は

売上高の25%になります。

 

絶対に利益が出る売上高としては

8,000万円になります。

 

言い換えると8,000万円とは

営業利益がゼロになる売上高になります。

 

実際には1億円以上の規模でないと

事業資金が回らなくなると思います。

 

 

 

公式ブログはこちら(平日毎日更新中)

 

この記事は、この記事を作成してる時点の法令に基づき

書かれています。法令に改正があった場合には、現在の

取り扱いとは違った取り扱いになる可能性があります。

 

また、当記事についてのご質問はお受けしておりません。

個別的なご質問は以下の

個人相談スポット業務

からご依頼頂けると幸いです。