会社・事業

中小企業が人を採用するときのポイントを税理士・行政書士が解説

Pocket

中小企業が人を採用するときのポイント

中小企業が人を採用するときには

以下のことを事前に決めておくことが

成功するポイントです。

 

年齢、性別、年収、仕事内容などの

人物像を決めることになります。

 

人を採用するまでに決めていく理由は

採用するときの決めてが明瞭にならない

ことが起こるからです。

 

税理士として関与先に伺って

採用を聞いてみると建設業であれば

技術を持っているからといったことや

 

フォワーディング業であれば

経験があるからといった感想を

述べられることがあります。

 

技術を持っている、経験があるといったことは

事業の助けになることは間違いがありません。

 

しかし1年もしないうちに退職してしまう

という人を採用することが起こっています。

 

このようなことが継続的に起こってしまうと

いつまでたっても人が安定しません。

 

つまり、ただ1つの条件だけで採用を決めると

退職というリスクに対応できないことがあります。

 

 

 

採用する人物像が決まってから募集媒体を決める

採用する人物像を決めておくと

募集媒体が決まっていきます。

 

例えば、建設業であれば現場監督経験

年収600万円、性別不問、職長との交渉能力がある

できれば技士資格を保有していること

といった人を採用することにしたとします。

 

こうすると建設業に特化した採用媒体で

現場監督経験と技士資格を持っている人が

確認しそうな募集媒体で募集することを

決めることができます。

 

募集媒体も決めてしまう理由は

採用する人物を一本釣りする可能性が

上がるからです。

 

会社が考えている人物像の人を採用するためには

どんな人でも来てくださいといった募集では

時間とお金を無駄にする可能性があります。

 

採用する人物と媒体を絞ることで

会社が思っている採用活動ができるようになる

可能性を高めることができます。

 

 

 

公式ブログはこちら(平日毎日更新中)

 

この記事は、この記事を作成してる時点の法令に基づき

書かれています。法令に改正があった場合には、現在の

取り扱いとは違った取り扱いになる可能性があります。

 

また、当記事についてのご質問はお受けしておりません。

個別的なご質問は以下の

個人相談スポット業務

からご依頼頂けると幸いです。