スポンサーリンク




【税金の納付方法】ダイレクト納付、振替納税、payeasy、現金納付、どれが一番いいのか?

スポンサーリンク
納付方法
スポンサーリンク

スポンサーリンク

税金の納付方法について

税金の納付方法については大まかに次の様に

手続きとして認められています。

 

1.現金納付

2.振替納税

3.ダイレクト納付

4.payeasy

5.クレジットカード納付

 

他にもあるにはありますが、納税者から自主的に

できる納付方法としては、上記のものが一般的です。

 

上記について解説してくと・・・

1.現金納付

納付書に納付金額を書いて、税務署、金融機関で納付する方法です。

納付書は、金融機関にもありますが、在庫がない場合もあります。

基本的には、税務署へ行って納付した方が無難です。

 

2.振替納税

預金口座から税金を口座引き落としで納付する方法です。

初回のみ口座振替の依頼書の提出が必要です。

口座引き落としされる日に残高不足だと、税金の納付ができません。

この場合には、罰金が科される可能性があります。

 

3.ダイレクト納付

振替納税と同じく、税金を口座引き落としで納付する方法です。

振替納税との違いは、手続きをe-tax上で完結することができる

という点にあります。

初回のみダイレクト納付口座の申し込みが必要です。

これも、口座引き落としで納付できない状態だと罰金が科される

可能性がありますので、注意が必要です。

 

4.payeasy

インターネットバンキングから納付する方法です。

インターネット口座の開設を行い、e-taxの利用開始手続き後

インターネットバンキングから納付することができます。

利用としては、payeasyで行います。

 

5.クレジットカード納付

クレジット納付専用サイトにて必要事項を入力して、

即日クレジットカードから納付することができます。

ただ、クレジットカード会社が立替支払するという都合上、

手数料が発生します。

 

どれが一番いいのか?

上記のうち、どれが一番いいのかというと

現金が手許にあるのであれば、現金納付が一番です。

色々な手間を省きたいということであれば、

振替納税が楽だと思います。

 

IT機器を普通に使いこなせていて、かつ、e-taxを

使ったことがあるということであれば、

ダイレクト納付、payeasyでの納付も視野に入れても

いいのかなと思います。

 

税務署へ行きたくない、口座引き落としは嫌だ、

楽に納付したいということであれば、

クレジットカード納付が効率的です。

 

パソコンだけでなく、スマホでも専用サイトで

納付をすることができます。

 

 

税金の分割と借入について

さて、事業をやっていると消費税で分割納付に

なってしまうケースが散見されます。

この分割納付は、税務署にいって相談すれば、

ほとんどのケースで受け入れてもらえます。

 

しかしながら、延滞税という罰金(利息みたないもの)が

ついてしまうことがデメリットです。

また、罰金という性質から、法人・個人ともに経費になりません。

 

このようなときに活用を検討したいのが、

納税のための借入です。

納税するのに借入してもしょうがないのではと

思われるかもしれませんが、そうでもないです。

 

借入だと利息は付きますが、その利息は経費になります。

延滞税の利息と比べた場合でも大差はないです。

ちなみに、平成30年ベースの延滞税の税率は、

納付期限の翌日から2か月以内:年2.6%

2か月経過後:年8.9%

 

例えばですが・・・

東京都民銀行のスモールビジネスローンだと

年4%~9%の固定金利です。

大体、国税と変わりはありません。

そうであれば、経費になるビジネスローンの

活用も検討対象になると思います。

 

これ以外にも、通常の運転資金として借入を実行できれば、

年3%にならない利息で借入を実行できるケースがあります。

 

 

 

公式twitterはこちら(フォロー待ってます!)

公式ブログはこちら(毎日更新中)

 

この記事は、この記事を作成してる時点の法令に基づき

書かれています。法令に改正があった場合には、現在の

取り扱いとは違った取り扱いになる可能性があります。

納付方法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SaitoYukioをフォローする
スポンサーリンク
新宿区のLiens税理士事務所