スポンサーリンク




扶養親族を追加、変更するときには何か資料は必要か?

スポンサーリンク
所得税
スポンサーリンク

扶養親族を追加、変更する手続きとは?

扶養親族を追加、変更する手続きについては、

結論から申し上げると特にありません。

適用する要件に適合すれば、扶養親族を追加、変更できます。

 

 

一般の納税者であれば、以下の要件を覚えておけばいいと思います。

1.納税者(申告者)と生計を一にしている

2.年間の合計所得金額が38万円以下

 

一般的には、生計を一とは一緒に生活していることと

考えておけば問題ありません。

 

合計所得金額は難しい概念ですので、給料のみの収入であれば、

年間の総支給額が103万円以下で、給料以外の収入がなければ、

合計所得金額が自動的に38万円以下になります。

 

必要な資料は必要ないか?

必要な資料が必要ないかどうか?

これは、時と場合によります。

例えば、納税者(申告者)が東京、自分の両親が北海道

といった東京以外の地方に住んでいる場合には、

 

申告者と生計を一にしているのかどうか?

ということが問題となります。

つまり、一緒に生活していない・・・

ということです。

 

従って、一緒に生活していることを証明しないと

いけないことになります。

ですから、申告者がご自身の親に生活費を送金するなど

生計を一にしているということを証明する資料が

必要となります。

 

 

公式twitterはこちら(フォロー待ってます!)

公式ブログはこちら(毎日更新中)

 

この記事は、この記事を作成してる時点の法令に基づき

書かれています。法令に改正があった場合には、現在の

取り扱いとは違った取り扱いになる可能性があります。

所得税
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SaitoYukioをフォローする
スポンサーリンク
新宿区のLiens税理士事務所