身近な法務

節税と投資を経験できるiDeCoを初めてみよう!

Pocket

iDeCoとは?

iDeCo(イデコ)とは自分でお金を

出して運用し、将来に年金又は退職金

として受け取る制度になります。

 

個人事業主、会社員、専業主婦(主夫)

など色々な人が加入できます。

 

基本的には20歳以上65歳未満で

加入することができます。

 

65歳未満までの制度になったのは

2022年5月からになります。

 

2022年4月からはイデコの受給開始年齢を

60歳から75歳までの間で選択することが

できる様になりました。

 

 

節税と投資を経験できるとは?

イデコでは税制上の優遇措置があり

こちらが節税になります。

 

イデコでは少額で投資の経験も

することが可能です。

 

税制上の優遇措置は次のように

なっています。

 

イデコにお金を支払う時には

所得控除になり、経費のような

取扱で所得税及び住民税が減額できます。

 

イデコの投資で運用した運用益は

非課税になるので所得税及び住民税は

課税されません。

 

イデコで運用し60歳以降に受給する

金額が年金であれば、雑所得になり

一時金で受け取れば退職所得になります。

 

こちらで所得税及び住民税が課税される

可能性が出てきます。

 

個人事業主がイデコで支払うことが

できる金額は月額最大68,000円です。

 

ご自身に合った金額でお金を

拠出することが可能です。

 

こちらを使って証券会社などの

口座開設手続きから投資商品の

選択まで色々なことを調べて

行うことになります。

 

こうした経験を通じた投資の

経験ができることになります。

 

 

 

公式ブログはこちら(平日毎日更新中)

 

この記事は、この記事を作成してる時点の法令に基づき

書かれています。法令に改正があった場合には、現在の

取り扱いとは違った取り扱いになる可能性があります。

 

また、当記事についてのご質問はお受けしておりません。

個別的なご質問は以下の

個人相談スポット業務

からご依頼頂けると幸いです。